Tough Module 過酷な条件で力を発揮するタフな性能
The Proposal from GRID グリッドからの提案
Cases 導入事例

独立電源システム



世界最高水準の耐久性と長期信頼性を備えた太陽電池モジュール『-Tough Module』をご紹介します。

積雪エリア対応


一般に最大垂直積雪量が1.5m以上の地域では、太陽光発電を設置したくてもメーカーの設置制限によりそもそも屋根に搭載できないのが現状です。なぜなら雪の重さで太陽電池モジュールが耐えられずモジュール表面のガラス等が脱落し、電気回路的にも故障の原因となってしまうからです。
当社は太陽電池モジュールに補強材のフレームを入れ、架台メーカーと共同開発した当社標準架台と豪雪対応による施工方法を採用することで、最大垂直積雪量2.5mまで設置可能としました。金属横葺き屋根にも3寸勾配より設置可能です。これにより、これまで太陽光発電を付けられなかった東北地方などの多雪地域のご家庭にも太陽光発電のある生活を送っていただくことが出来る様になりました。

戸別連系への取組み


当社は、当初より太陽電池モジュールの高強度特性を活かして高所設置のマンション向けに注力してきました。マンションにおいては、特にモジュール強度の他に、陸屋根用架台の選定、強度計算、建築基準法等の適合確認など入念に計画を行う必要があります。

これまでもマンションの屋上に太陽光発電を搭載する事例はありましたが、そのほとんどが「共用部」への連系が主流でした。当社は戸建住宅と同様にマンションの各住戸(専有部)が「戸別」に売電できる仕組みを整備し、集中連系における単独運転防止機能をもったパワーコンディショナを採用するなどして、マンションデベロッパー様とも連携しながら関東エリアでは他のどの太陽電池メーカーよりも先だってシステムの導入を進めてきております。

公共・産業用分野


地球温暖化、異常気象などの環境問題ならびに震災以降の新エネルギーへの移行が急速に注目されている今、企業や公共施設においてもクリーンエネルギーの導入・取組みが避けては通れない大切なテーマとなりました。そのクリーンエネルギーの代表ともいえる太陽光発電は、災害等により停電が発生し電力会社からの電力供給がストップした場合にも、昼間であれば太陽光発電システムの自立運転機能によって太陽電池が発電する電気を使用することができます。

当社の太陽電池モジュールは、産業用で広く使用されている多結晶の60セルタイプで、高品質・高強度でかつ耐久性にも優れているので、オフィスビルや工場、倉庫、学校などの公共施設にも適しており、お客様の様々なシステム設計に広く組み込んでご提案することが出来ます。また高品質でタフな性能が、大規模な長期使用前提の産業用向けに十分その威力を発揮します。

独立電源システム


独立電源システムは、電力会社の電力を使用せず、太陽電池が昼間に発電した電力を蓄電池に蓄えることにより、必要なときにその電気を使用することが可能となります。

街灯などの電源として広く利用されており、当社においてもその使い易いモジュールサイズが様々な用途に活用されております。
特に、当社の太陽電池モジュール(130W)は独立電源用に適した設計となっており、最大動作時電流や最大動作時電圧が国内外の汎用品であるチャージコントローラーに合わせ易い電気設計で、鉛蓄電池を用いた独立電源システムが安価にシステム設計できる仕様となっております。更に、モジュール強度も強いので、様々な独立電源の環境下で頑丈さの威力が発揮されます。